3000万ユーザーのNAVITIMEの品質を支える「アプリ走行テストソリューション」

アプリ走行テストソリューションとは

NAVITIMEではユーザーの正確な移動を支えるため、機能検討から動作確認・性能評価・出荷前審査まで、様々な観点で自動車を使った走行テストを実施しています。

ドライブサポーター ツーリングサポーター
ドライブサポーター ツーリングサポーター
カーナビタイム 動態管理ソリューション
カーナビタイム 動態管理ソリューション

走行テスト戦略の立案支援→テストコースの作成→テスト機材調達→テスト実施→結果分析・報告

弊社の強みである“ナビゲーション”サービスのテストノウハウをもとに、お客様にご活用いただける、自動車での走行テストソリューションをご提案・実施いたします。
スマートフォンアプリのテストはもちろん、車の挙動やセンサーデータの収集にも是非ご活用ください。

NAVITIMEアプリ走行テストの特徴

NAVITIMEならではのテストノウハウ

年間28,000kmにおよぶ走行試験によって蓄積されたテストのノウハウ、観点を盛り込んだ走行テストをご提供します。NAVITIMEのサービス開発で知り得た最新のOS・端末の特性などの情報もお客様のテストに活かす事が可能です。

スマートフォン端末の選定・調達

NAVITIMEでは安定したサービスを提供するため、最新のOS動向・機種特性を常にチェックしております。700端末を超える国内主要機種を取り揃えており、お客様のニーズに応じた端末のご提案・調達が可能です。

走行テスト戦略の立案支援

お客様の抱えている課題をもとに、走行テストの目的を明確にし、具体的な実施方法・走行ルート、使用センサー等の立案を行います。走行テストと机上テストの使い分け等、コスト面にも配慮した最適な走行テストソリューションをご提案いたします。スマートフォン端末の選定から調達もお任せください。

目的に合わせた走行データのご提供

テスト実施結果と併せて車速、走行動画など、各種計測データを記録することが可能です。
OBDⅡ(*)やセンサー記録、動画など、デバックに最適な記録方法をご提案いたします。

*OBDⅡとは・・・自動車の自己診断機能。車速やガソリン残量・エンジンの回転数等を取得できる規格です。

安全に最大限配慮したテスト運行

走行テストには違反・事故のリスクも伴いますが、NAVITIMEの走行テストであれば経験豊富なプロのドライバーが安全に運行いたします。また、万一事故が発生した場合でも、弊社にて対応いたします。

テスト実施の流れ

走行テスト実施の流れ

ご納品物

  • 走行テスト計画書
  • 走行ルート
  • テスト項目および結果データ一式

※その他ご希望のものがございましたら、ご相談ください。

ご参考価格

<テスト実施例>

  • 要件ヒアリング・テスト戦略立案・テストルート作成
  • スマートフォン端末10機種
  • 走行テスト5日(運転手・テスター・車両・ガソリン代含む)
  • 机上テスト5日

 →400万円(税別)